出張先でも出会い系サイトを利用して不倫関係を熟女とやり続けています

出張先でも出会い系サイトを利用して不倫関係を熟女とやり続けています 未分類

私は現在40代の男性会社員で、既婚者です。

仕事柄、月に数回大阪や東京といった地に出張に出向くケースが多いサラリーマンです。

私は出張先でも、出会い系いサイトを利用して、多くの女性と不倫関係を結んでおります。

東京に出張した際、一人の熟女人妻と出会います。

東京へ出張した際に、いつも会っている熟女がいます。

彼女は38歳、人妻で、子供は1人います。

現在、薬品メーカーで仕事をしている女性で、きりっとした顔立ちに、見た目は真面目そうなしっかりした女性に映ります。

彼女も平日は仕事がありますので、基本的には仕事が終わった後に出会うようにしています。

彼女の家庭環境は、夫の実家住まいであり、彼女の子供も義母が面倒してくれることもあり、そんな夜が遅くなっても、残業とウソをつけば大きな問題は起こりません。

また、私との関係も頻繁に出会うことができず、時々といった関係なので不倫と言えど、バレる確率も低く、意外に楽な関係と言っていいでしょう。

昨年の11月頃に東京出張時に、彼女へ連絡を入れ、出会うことが出来ました。

お互い仕事が終わった後、新宿東区銀行前で待ち合わせました。

一緒に事前に予約した、個室の割烹居酒屋へ向かいします。

比較的彼女はお酒が強く、ぐいぐいといける口です。

ただし2時間もすると、ベロベロになってきて厭らしい話もさく裂しますが、彼女は待ちきれないといった感じで、私へのボディタッチも増えてきます。

個室内で我慢できず、私の身体を弄り続け、その後ラブホテルで不倫です。

彼女は、かなりお酒が回ってきた感じで、私の隣に座席を移動してボディタッチが増えてきます。

これは待ちきれないサインです。

私と話しながら、彼女は私の乳首を弄り始めました。

それはとても厭らしく、私が話しているにも関わらず、軽く摘まんだりを繰り返します。

そして、ズボンの上からもペニスを弄り始めます。

こういう場所での行為は、異常に興奮を感じてしまい、私のペニスは既に天を向いています。

彼女はここで、私のズボンのチャックをおろし直にシゴキ始めました。

二人はキスを始めます。

そして、彼女は私の股に自分の頭を持っていきフェラ開始。

奥深くまでペニスを含んでくれるフェラは、とても最高です。

隣でも数名男女の声が聞こえますが、かなり賑やかなので、こちらの物音は気にならないでしょう。

すこし我慢が出来なくなった私は彼女へ「ホテル行こうか?」と伝え、その後ラブホテルに向かいます。

ホテルに入り、彼女は衣服を脱ぎしてます。

そこに現れたのが、白の花柄が入った、ブラとパンティです。

パンティは私の好きなTバックで、今日一日これを履いていたのかと思うと、とても興奮します。

二人は立ったまま、キスから始めます。

私は彼女の尻を撫で回しながら、時折、クリを優しく弄ってあげます。

「あー、んー、きもちいいー」と、微かな吐息混じりの声が聞こえてきました。

彼女は、あっという間に私のパンツをズリおろし、シャワーも浴びていないペニスをパクリと咥え込み、先ほどの続きが始まりました。

彼女は私の顔を見続けながら、フェラを続けてくれます。

そして、横舐め、うら筋、玉舐めといったフェラのオンパレードが続きます。

今度は私を四つん這いにして、アナルを舐め始めました。

彼女のアナル舐めは、私の菊を一枚一枚丁寧に舐め上げる、とても厭らし舐め方です。

時折彼女の長い舌が、私のアナル奥に突っ込まれ、思わず「あー、いいー」と、声が出てしまう私がいます。

彼女はアナルを舐め続けて、片手は乳首を摘まみ、もう片手でペニスをシゴキ捲ります。

いわゆる3点責めと言うものです。

私は、熟女のテクニックを堪能し続けました。

その後彼女はベットに横たわり、大きく足をM字に開脚して、正常位のおねだりです。

私は軽く彼女のマンコを舐め上げて、じっくりと濡れ切ったマンコを確認して挿入しました。

実は、彼女のマンコと言うのは大変な名器であり、アナルのようにかなり締まりのいいマンコであり、油断すると即いってしまうので毎回気を付けながらセックスをしています。

腰を徐々に降り出すと彼女から声が漏れ始めます。

「あー、いいはー…、そう、そうよ…、そのまま突いてきて…」という息も切れ切れの声も聞こえ始めました。

その後は、彼女が騎乗位になり、激しく腰を振り続けます。

ここらあたりから、彼女は野獣に変貌していき、タダの雌猫となっていきます。

彼女は前後左右に腰を振り続け、部屋中に「パン、パン、パン」と、私と彼女のぶつかり合う音が聞こえてきます。

後ろからも彼女を、何度も激しく突き上げました。

そして、私は先ほどの仕返しとばかり、彼女の乳首を摘まみながら、クリを弄り倒し、同時に腰を振り続ける3点責めで彼女を犯し続けます。

そろそろ我慢できなくなった私は、コンドームを剥ぎ取り、彼女の口に私の精子をすべて吐き出します。

口内射精は、彼女のお気に入りでいつもそうしています。

彼女との関係はまだ続いています。

最近はどうしても出張が減回数が減り、出会う回数は激減しましたが、彼女との不倫と言う関係はこれからも続けていきたい考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました