不倫しやすい女性の特徴とパターンについてそれぞれ解説

倫しやすい女性の特徴とパターンについてそれぞれ解説 未分類

同じ結婚している女性でも、不倫する女性としない女性がいますよね。

なぜそのように、不倫をするしないで分かれてしまうのでしょうか。

不倫する女性には、いくつかの特徴があります。

そこでどんな女性が不倫するのか、不倫しやすい女性の特徴とパターンについて情報を整理しました。

家庭に対して大きな不満を抱えている

不倫する女性は、夫や子どもなど家庭に対して大きな不満を抱えていることがめずらしくありません。

夫と結婚したばかりだったり子どもが幼くて小さいと不倫に意識は向きませんが、結婚から何年か経って子どもが大きくなってくると不倫する可能性があります。

ではどのような不満を抱えやすいのか、夫と子どものパターンごとにをそれぞれ紹介します。

夫が愛情を向けてくれなくなった

とてもシンプルな不満ですが、夫が愛情を向けてくれなくなると女性は不倫に走りがちです。

結婚して何年か経っても「夫に愛されている」という実感があれば、女性はそう簡単には不倫しません。

なぜなら夫に愛されることで、心が満たされるからです。

満たされているのに、わざわざ不倫してリスクを背負うような真似はしないのです。

また夫に愛されているなら「夫以外に素敵な男性はいないかしら」と思うことがそもそもありません。

夫が自分よりも若い女性に夢中になって浮気を繰り返すなど極端に愛情を向けてくれなくなったら、その状況に不満を感じて不倫することがあります。

夫からの愛情不足が、女性を不倫に向かわせるきっかけになってしまうのです。

子どもに自立心が芽生えて遠ざけられるようになった

まだ幼くて小さい頃は「ママ、ママ」と甘えてきた子どもも、思春期を迎えれば自立心が少しずつ芽生えてきます。

思春期になっても母親と距離の近い子どももいますが、その一方でできる限り遠ざけようとする子どもも少なくありません。

時には母親の過保護を疎ましく思い、目に見えて反抗した態度を取るようになる場合もあります。

こうしたいわゆる反抗期を子どもが迎えた場合、母親はどうしても疎外感を覚えます。

あんなに可愛がっていた子どもと距離を置かれてしまったことがショックで、とてもさびしい気持ちに襲われてしまうのです。

子どもと親密なコミュニケーションができなくなってしまったら、母親は他へと活路を見い出します。

つまり夫以外の男性に、さびしい気持ちを癒やしてもらおうとするのです。

本当は単に子どもが親から自立しようとしている成長過程の1つなのですが、それを嫌われたと勘違いしてしまう場合は不倫に走ることがあります。

心をときめかせてくれる素敵な男性との出会い

特に家庭に対して強い不満がなくても、ちょっとしたきっかけから不倫に走る女性もいます。

それは独身時代を思い出させてくれる、素敵な男性との出会いです。

夫がいるにもかかわらず恋心を抱いてしまった場合、その衝動が抑えられないと不倫する場合があります。

具体的な例を2つ紹介します。

学生時代に好きだった男性との再会

たとえば同窓会をきっかけに、学生時代に好きだった男性と再会して改めて恋に落ちるケースがあります。

同窓会で男性と会わなければ思い出しもしなかったのかもしれませんが、会ってしまうと当時の恋心がよみがえってきます。

もしもその時相手の男性も同じように恋心が燃え上がれば、ちょっとしたやり取りをきっかけに交際が始まっておかしくありません。

不倫の始まりやきっかけが同窓会だったというケースは、思いのほかよくあります。

特に学生時代に恋が叶わなかった場合は、大人になってからも引きずっていることがあります。

同窓会で再会したのがきっかけとなり、学生時代を思い出す恋に夢中になる可能性は十分あります。

年下の若い男性から言い寄られる

パート先や習い事の教室などで年下の若い男性から言い寄られ、その熱い思いに押される形で不倫するケースもあります。

若い異性と不倫するのは、男性だけに限りません。

女性も同じように、若い異性と不倫してしまうことがあります。

すでに結婚していて年齢を重ねた女性にとって若い男性は、とてもフレッシュな存在です。

まだ若いですからアプローチの方法がストレートで、テクニックではない部分にグッと惹かれることがあります。

もちろんそのアプローチを理性であしらおうとしますが、それでも壁を残り超えてくる若い男性のエネルギーに負けて不倫することがあります。

不倫するかどうかはその時の状況やタイミング次第ですが、年下の若い男性から言い寄られたことが不倫のきっかけになるケースはめずらしくありません。

まとめ

すでに夫がいて子どももいるのに不倫してしまう女性の特徴やパターンを、いくつか紹介しました。

家庭に不満を抱えていたり思いがけない出会いがきっかけで不倫に至るケースは枚挙に暇がありません。

もちろん不倫をしないで家庭を守り通す女性もいますが、その一方で不倫に走る女性もいます。

どんな家庭でも、女性が不倫走る可能性はゼロではないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました